高カロリーで脂質の多い食事になりがち

この季節はお花見や歓迎会など、飲み会やイベントが多くなります。
どうしても高カロリーで脂質の多い食事になりがちなので、できるかぎり気を付けるようにしましょう。

逆に、野菜や海草類、キノコ類などは積極的に食べることを心がけて下さい。
肉類が中心になりがちな方は青魚を意識的に食べると良いでしょう。
青魚に多く含まれる、サラサラに働きかけるEPAは、コレステロール、中性脂肪値などを正常化する働きが期待できます。

また、大豆由来のレシチンも脂肪分の排出に働きかけます。
レシチンには、脂質代謝を円滑にする作用があります。

最近では、野菜や海草類、キノコ類などを発酵させて作った酵素ドリンクも販売されていますので、状況に合わせて飲むのもいいでしょう。

あわせて、適度な運動を入れてエネルギーを消費することも健康的です。
運動が苦手なら「一駅歩く」「エレベーターではなく、階段を使う」など、体を動かすことを日常生活に無理なく取り入れ、習慣づけると良いでしょう。