悩まなくていい暮らしをしたい

私は先ごろ自信が持てるようになる方策を見つけました。それは「脱毛」です。脱毛施術をすれば長きに渡るむだ毛問題を無くすことができるのです。

私がこの劣等感を植え付けられたのは小6の多感な時期でした。水着になるときにクラスの女の子に無駄毛の事を信じられないくらいからかわれて、傷心しました。わたしのことを指さして「クラス一多いよね」と馬鹿にされてしまい、ムカつきました。物凄く自尊心を傷つけられたし、彼女とは絶交しようと思いました。

何故ってそれから、私の脇毛なんかの事を大勢に触れまわっていたのですから。それからというもの私自身無駄毛の事が最大の問題になりました。傷つけられたくなくて色々と頑張ってきました。けれどこのコンプレックスはいつまで経っても解決しませんでした。

こんなあたしに姉が脱毛店を教えてくれました。トラウマを無くす事が出来ると思い、私はとても心惹かれています。年内にはしっかりと脱毛サロンでの脱毛施術をやりはじめて、悩まなくていい暮らしを手に入れたいです。