無駄毛処理って楽しいですよね

「無駄毛処理して喜んだり悲しんだりしてる自分がかわいいわ」って思うことがしばしばあります。私はどう見てもうら若い年齢ではないし、充分に年齢を重ねているのですが、そんなオトナ女子のわたしでも未だにムダ毛処理をやっている時に気持ちが上下しているのです。

例えばですがマユのムダ毛を刺抜きで抜いている時、痛みがなくサクサクッとスムーズに眉毛を揃える作業ができると、それだけのことで「きょうのお手入れはうまくできたわ!」とご機嫌になるのです。周りからはよく「単純すぎるよ」と言われちゃいます。だけど、わたしとしてはたったこれだけのことでもムダ毛処理が順調に行くことは嬉しいのです。

わかりやすいと言われてもなんと言われても、何となく声が出て舞い上がってしまうからしかたがないのです。眉を整えるのはしょっちゅうしているので、どうしても無駄毛処理は痛くないことがよろしいかと思います。これからも小まめに眉毛のムダ毛処理をするつもりですが、痛かったら「痛いよぉ!」と文句を言い、痛くなく済んだ日には子供のように喜ぶんだと思います。