自分の自己処理歴にちょっと感動

私の自己処理の歴史は長期で、「今までの間たくさんの方法でむだ毛のお手入れをやってきたな…」としみじみと思ってしまうのです。しみじみとなんて言うとおかしいと思うでしょうが、「むだ毛のお手入れ一つの歴史を思い返してみてもこれほど長かったとは」とみょうにしみじみ思ってしまうのです。

わたしが生れて初めて自己処理をしたのは中学生になってすぐのころでした。小学生の時は脛に毛が生えていたって、鼻下にヒゲのように産毛があっても全くおかまいなしだったのに、中学に入った途端にムダ毛が気になりだしました。中でも脛の毛なんかは気にしていたので、お風呂に入るタイミングで父の安全剃刀を密かに借りてムダ毛のお手入れをしていたのです。

安全剃刀でムダ毛を剃ることがめんどくさかった訳ではないのですが、その後小遣いを貯めて家庭用ムダ毛処理器を買って少しずつムダ毛処理をやっていました。そして、家庭用の電気脱毛器を使うのと併せてウデの毛を脱色してみたり、それからムダ毛処理ムースでムダ毛を溶かしてみたり…「実にある限り全ての無駄毛の処理の軌跡があるなぁ」と感動してしまうのです。